御由緒

御祭神

主祭神

稲倉魂命
【いなだまのみこと】

配祀神

大市姫命
【おおいちひめのみこと】
大国主命
【おおくにぬしのみこと】
猿田彦命
【さるたひこのみこと】
日本武尊
【やまとたけるのみこと】
火産霊神
【ほむすひのかみ】

御由緒

当神社は、山形城主斯波兼頼が山形城の守り神として城内に建立したのが、その始めと伝えられています。それより十代目、最上義定が山形城の内部に社殿を建て、十二代目義光のとき、天童城主との開戦に際して勝利を祈願するなど、最上家代々の信仰が厚いものがありました。

城主や城下の人々が、短冊に歌を書いて神社に奉納する風習があり、歌を詠まないものは渡らせない橋も付近にはあったことから、歌懸の名が残ったと伝えられています。

元和8年(1622年)、最上家が改易されて新城主となった鳥居忠政は、人心一新をはかり、部内稲荷口(現山形駅付近)にあったこの社を三の丸の外の現在地に移しました。

それ以降、このご縁日である毎月十日に定期市が門前で開かれ、十日町の名の起こりとなり、年の最初の十日市(1月10日)を初市と呼ぶなど、城下町の人々と深く結びつき信仰をあつめ、現在に至っております。

尚、本来の社名は「歌懸稻荷神社」と 表記し、「稲」の字は旧字体の「稻」となっておりますが、当ホームページでは新字体の「稲」を使用しております。

山形城下絵図

当神社が所蔵する山形城の城下絵図です。元和年間の城下図を天明の頃に写したものと伝わっております。当神社は現在と同じ位置、三の丸十日町口のたもとに吉祥院として描かれております。

神仏習合の時代、当神社は五佛山如来寺吉祥院と称しておりました。