御祈祷・人生儀礼

御祈祷のご案内

当神社では、家内安全、身体堅固、交通安全(車のお祓い)、商売繁盛、社業隆昌、受験合格、旅行安全、安産祈願、初宮詣、厄祓、神前結婚式等、ご社殿における各種御祈祷をはじめ、地鎮祭、新宅祭、安全祈願祭等各種出張祭も毎日ご奉仕しております。

初宮詣【はつみやもうで】

一般に男児は生後32日目に、女児は33日目に(これ以降、満1歳の初誕生日を迎えるまでに)祝い着を着せて神社に参拝します。家族揃って幼児の成長御加護を祈願します。

七五三詣【しちごさんもうで】

七五三祝いは古く男女三歳で髪置、男子五歳で袴着、女子七歳で帯直し等の祝儀が行われましたが、今日の七五三の様になったのは大正の頃からで、これまでの成長を感謝し、今後も健やかに成長する様お祈りします。

合格祈願【ごうかくきがん】

合格祈願絵馬

小・中・高校・大学・各種学校の入学試験・就職試験・資格試験等の合格を祈ると共に、健康と学業の成就を祈願します。

神前結婚式【しんぜんけっこんしき】

結婚は人生儀礼の上で最も厳粛であり、夫婦が一体となって苦楽を共にし、世の荒波をしのいで行く覚悟を固め、神前で誓いをたてます。また、毎年結婚記念日を祝うことも意義深く、特に銀婚式(25年)、金婚式(50年)は、広く一般に祝われています。

安産祈願【あんざんきがん】

授かった新しい命が、母子共に健康で無事に生まれます様、母親が妊娠5か月目の戌の日に安産を祈願します。(腹帯をご持参ください)

厄祓【やくはらい】

厄除けお守り

昔から忌み慎むべき厄難のある大切な年が、厄年と言われています。厄年は、一定の年齢に達し、社会的にも重要な役割を担うようになる頃、相俟って心身の疲労・病気・災厄が起こりやすく、人生の転換期として注意すべき年回りや、生涯の一つの節目として、自覚と慎みが必要な時期なのです。その年を家族共々、無事健康で過ごせるよう、祓いと祈願を受けましょう。

年齢(数え歳)
  男/25歳・42歳・61歳
  女/19歳・33歳・37歳
  男女とも/49歳

年祝【としいわい】

長寿をお祝いし、更なる健康・延命を祈るならわしです。還暦(61歳)は干支(十干十二支)が満60年でもとに戻るので本卦還り(ほんけがえり)ともいいます。古稀(70歳)は「人生七十古稀なり」の語に基づきます。喜寿(77歳)は喜を「㐂」にあてたものです。傘寿(80歳)は傘の略字「仐」から来ています。米寿は米を「八十八」にあてたものです。卒寿(90歳)は卒の略字「卆」から来ています。白寿(99歳)は、百から一を取ると白の形になるからです。

交通安全祈願【こうつうあんぜんきがん】

交通安全祈願

車は大変便利なものですが、同時に誤った使い方・運転によっては大きな事故につながります。先ずは自己を正し、人も車も清々しく祓い清め、神前に安全運転を誓い、大神様のご加護を祈ります。

地鎮祭【じちんさい】

建物の新築にあたり、先ず土地の神様に奉告をし、土地の平安堅固と工事の安全、無事完成を祈ります。

上棟祭【じょうとうさい】

建物を新築する時、棟木をあげるにあたり、家屋の神様・工匠の神様を祀って、今後末永く建物に禍なく幸せのあることを祈ります。

竣工祭・新宅祭【しゅんこうさい・しんたくさい】

住宅・建物の完成した後、工事が無事終了した事を感謝すると共に、建物内を隈無く祓い清め、家族・社員の繁栄と平安を祈ります。

神棚清祓い【かみだなきよはらい】

「家・会社の繁栄は神棚から」神棚は家族・会社の守り神、心の拠り所です。新しく神棚を設ける際、また宮形を改める際等、清祓を行い、大神様の常永久(とことわ)の御守護を祈ります。

開店清祓い【かいてんきよはらい】

新しい店舗の開店を神様に感謝し、みなに親しまれ、事故なく商売が繁盛する様に、店主・家族・従業員が集まって祈願します。

住居の新築・購入等にともなう祭典については、神職が直接現場へうかがって奉仕いたします。

開店清祓い

この他にも、会社の商売繁盛・社内安全・新年仕事始め安全祈願祭など、さまざまな御祈祷をはじめ、会社事務所の移転清祓、老朽化した建物の解体清祓、伐採清祓、大将軍祭、中古住宅のお祓い、各家庭の新春祈祷等家祓も奉仕しております。